車検代 何で払うのがお得!カード・現金・paypay

車検代 何で払うのがお得!カード・現金・paypay

車検代をカード・現金・paypayの3種類の支払方法のうち何で支払うのがお得なのか解説。注意点なども確認できます。車検業者別の支払い方法・・・・カード払いができる車検業者を検索・車検費用をPayPay払い対応店舗検索

車検代 何で払うのがお得!カード・現金・paypay

2024/5/5修正して更新

本ページはプロモーションが含まれています

 

車検代をカード・現金・電子マネー(paypay)の3種類の支払方法のうち、何で支払うのがお得なのか解説。

 

また、注意点なども確認できます。

 

クレジットカード・現金支払

 

車検費用をカード払いするメリットは、現金払いと違いポイントが付与される点です。

 

例えば、10万円の車検代を楽天カードで支払った場合、1.0%の還元率なので1,000円分ポイントが付与されます。

 

但し、ほとんどのクレジットカードは2回までが手数料無料となるので、3回以上の支払いにすると手数料が発生するため注意です。

 

次に、車検費用をカード払いするには、車検費用の内訳を確認する必要があります。

 

【車検費用の内訳】

 

車検業者別の支払い方法・・・・

 

車検業者 支払い方法
ディーラー ほとんどのディーラーは全額カード払いOK。
整備工場・ガソリンスタンド 個人経営の場合は、法定費用は現金前払い、整備費用などは現金後払いが多数。チェーン店のガソリンスタンドは全額カード払いOKあり。
大手カー用品店・車検専門店 全額カード払いOKが多数、但し5%の手数料が発生するところがある。
車検代行業者 前払いが多数。

 

下記から、カード払いができる車検業者を検索できます。

 

⇒できるところは?車検費用を分割でカード払い

 

最後に注意点があります、実はカード払いに対応している車検業者は、手数料を車検基本料に上乗せしているケースがあります。

 

この対策として、カード払い対応業者を複数選択して「事前に見積もりをとる」ようにしましょう。

 

paypay支払

 

電子マネーといっても様々な種類がありますが、ここではpaypayが利用率が高いため、paypayについて解説しています。

 

PayPayは全国チェーン店ばかりでなく個人経営の加盟店も多く、スマホによるQRコード決済を利用できます。

 

PayPayで支払うと「PayPayボーナス 0.5%〜1.5%」を受け取ることができます。

 

車検費用の平均は10万円となっており、PayPayで支払うとポイント還元でお得になります。

 

但しカード払いと同じく、手数料を車検基本料に上乗せしているケースがあります。

 

車検費用を全額PayPay払い対応店舗検索

 

paypay支払いOKの対応店舗の掲載は少なく、カード払いOKの店舗にメールか電話で問合せが必要になります。

 

PR EPARK車検

 

車検基本料が最大75%OFF

クーポン利用時⇒1店舗1〜3枚

 

⇒車検基本料について詳しくは

 

ディーラーと同じ車検内容
法定24ヶ月点検付き
郵便番号検索OK
目安価格

 

店舗検索⇒店舗ページのホームページにクレジットカード払いの詳細(全額または車検基本料のみ)を確認OK。

 

【EPARK車検】

 

PR 楽天Car車検

 

ディーラーと同じ車検内容
郵便番号検索OK

 

トップページ⇒「楽天カードでポイントがたまる・クレジットカードOK」から検索可能。

 

【楽天Car車検】予約&実施で最大2500ポイント! 郵便番号から検索・比較!

 

PR ホリデー車検

 

最短60分で車検完了
車検内容

法律で定められていない箇所は実施しない⇒下廻り洗車・下廻り塗装・外部洗車・ワックス掛け・室内清掃・試運転など

 

店舗ページにクレジットカード払いの詳細(全額または車検基本料のみ)を確認OK

 

ホリデー車検

 

車検代 何で払うのがお得まとめ

 

現金払いと比較すると、paypay払い・カード払いがポイント還元でお得になります。

 

但し、paypay払い・カード払いも手数料を車検基本料に上乗せしている場合があるので、複数業者を選択して「事前に見積もりをとる」ようにしましょう。