キャンピングカーの車検費用!相場は

キャンピングカーの車検費用!相場は

キャンピングカーの車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」の2種類になります→キャンピングカーの法定費用ナンバー別→キャンピングカーの車検基本料→キャンピングカーのユーザー車検費用→キャンピングカーの車検無料見積りサービス・・・

キャンピングカーの車検費用!相場は

2024/5/5修正して更新

本ページはプロモーションが含まれています

 

車検費用は大きく分けて「法定費用」と「車検基本料」の2種類になります。

 

 

⇒車検基本料について詳しくは

 

この中で法定費用は、キャンピングカーのナンバーによって決まりますが、ナンバーは車種・大きさで変わり、1・3・4・5・8・軽キャンピングカーがあります。

 

ナンバー別に車検の法定費用(重量税+自賠責保険料+印紙代)は変わり、車検期間も違います。

 

ナンバーと車検期間 重量税(2年分) 自賠責保険料(24ヶ月分) 印紙代
1(初回2年、以降毎年) 13.200円 47.940円 1.700円
3(初回3年、以降2年ごと)

32,800円

25.830円 1.800円
4(初回2年、以降毎年) 13.200円 34.700円 1.700円
5(初回3年、以降2年ごと) 32,800円 25.830円 1.700円
8(初回から2年ごと) 16.400円 30.210円 1.800円
(初回3年、以降2年ごと) 6,600円 17,540円 1.400円

 

キャンピングカーの車検基本料

 

キャンピングカー車検基本料は、依頼先と交換修理部品と作業工賃により変わります。

 

一般的にディーラーの方が、整備工場・ガソリンスタンド・カーシヨップと比べると高くなります。

 

キャンピングカーのユーザー車検費用

 

キャンピングカーの車検費用を一番安くしたいなら、ユーザー車検です。

 

ユーザー車検の場合には、車検業者に支払っていた代行手数料を支払う必要がありません。

 

代行手数料は車種によっても変わりますが約1〜3万円

 

その他、24ヶ月定期点検料は、車検に合格する車両状態の場合は節約可能です。

 

つまり、「ユーザー車検の費用=自賠責保険+重量税+印紙代+検査手数料」となります。

 

 

 

 

下記の車検無料見積りサービスでは申し込むと、すぐに店から連絡が届き、無料で愛車のコンディションや車検に必要な費用についての説明があります活用下さい。

 

PR EPARK

車検基本料が最大75%OFF

クーポン利用時⇒1店舗1〜3枚

 

⇒車検基本料について詳しくは

 

ディーラーと同じ車検内容
法定24ヶ月点検付き
郵便番号検索OK
目安価格

 

【EPARK車検】

 

 

 

PR ホリデー車検

最短60分で車検完了
車検内容

法律で定められていない箇所は実施しない⇒下廻り洗車・下廻り塗装・外部洗車・ワックス掛け・室内清掃・試運転など

目安価格

全車種調べた結果EPARK(クーポン利用時)より高額です(2024/5/5更新)

 

ホリデー車検

 

 

 

PR 楽天Car車検
ディーラーと同じ車検内容
郵便番号検索OK
目安価格

全車種調べた結果EPARK(クーポン利用時)より高額です(2024/5/5更新)

 

楽天Car車検

 

中古車無料査定

 

約28万台買取のガリバー

 

新古車・未使用車の価格検索OK

 

ズバット車販売

 

自動車保険の見直しに

 

一番安い車保険比較!自動車任意保険見直し

 

駐車場予約⇒空港・スタジアム・観光スポット・駅近

 

全国検索OK!予約できる駐車場