内訳は!車検費用 相場 普通車

内訳は!車検費用 相場 普通車

普通車の車検費用の目安相場は10万〜15万円。この差が生まれる原因は、車検時に支払う重量税と点検整備費用。重量税は車の重量が重ければ重いほど税額は高くなります。また、エコカー減税の優遇措置は重量税のみが対象となります。

軽トラックの車検費用!相場は

2024/5/5修正して更新

本ページはプロモーションが含まれています

 

普通車の車検費用

 

普通車の車検費用の目安相場は10万〜15万円

 

この差が生まれる原因は、車検時に支払う重量税と点検整備費用

 

重量税は車の重量が重ければ重いほど税額は高くなります。

 

普通車の車検内訳

 

車検費用は大きく分けて「法定費用」と「点検整備費用」の2種類になります。

 

法定費用は国によって定められているため業者問わずどこでも金額は同じ

 

また、法定費用=自賠責保険+重量税+印紙代(検査手数料)となり車種によって変わります。

 

小型乗用車(1t以下)法定費用

 

自賠責保険28,780円+重量税16,400円(24ヶ月)+指定整備工場の印紙代1,100円となります。

 

中型乗用車(1t超〜1.5t以下)法定費用

 

自賠責保険27,840円(24ヶ月)+重量税16,400円(24ヶ月)+指定整備工場の印紙代1,100円となります。

 

大型乗用車(1.5t超〜2.0t以下)法定費用

 

自賠責保険28,780円(24ヶ月)+重量税32,800円(24ヶ月)+指定整備工場の印紙代1,100円となります。

 

特大乗用車(2t超〜2.5t以下)の法定費用

 

自賠責保険28,780円(24ヶ月)+重量税32,800円(24ヶ月)+指定整備工場の印紙代1,100円となります。

 

ハイブリッド車(1.5tエコカー以下、減免50%適用車)法定費用

 

自賠責保険27,840円(24ヶ月)+重量税7,500円(24ヶ月)+指定整備工場の印紙代1,100円となります。

 

*エコカー減税の優遇措置は重量税のみが対象となります。

 

⇒軽自動車の車検費用の内訳

 

整備内容のポイント

 

車検自体は、保安基準「ぎりぎり」でも、「とても良い状態の車」でも合格することが可能です。

 

「ぎりぎり状態」の車では、車検後すぐ故障し修理代がかかる可能性がありますし、故障に伴う事故を起こす可能性もあります。

 

上記のことから、車検の重要項目・内容(車検費用・車検にかかる日数・車検を受ける検査場・純正部品の有無)を確認し条件を満たす業者を選択することがポイントです。

 

普通車で車検費用が高くなるケースは?

 

新車登録から10年以上経過すると車検費用は高くなるケースが多くなります。

 

自動車重量税の額が高くなる

 

13年以上たつと自動車重量税は割増になります。

 

修理費が増える

 

10年以上乗ると、エンジンベルト・ドライブシャフトなどの交換する部品が出てきます。

 

 

 

下記の車検無料見積りサービスでは申し込むと、すぐに店から連絡が届き、無料で愛車のコンディションや車検に必要な費用についての説明があります。ぜひ利用してみて下さい。

 

PR EPARK

車検基本料が最大75%OFF

クーポン利用時⇒1店舗1〜3枚

 

⇒車検基本料について詳しくは

 

ディーラーと同じ車検内容
法定24ヶ月点検付き
郵便番号検索OK
目安価格

 

【EPARK車検】

 

 

 

PR ホリデー車検

最短60分で車検完了
車検内容

法律で定められていない箇所は実施しない⇒下廻り洗車・下廻り塗装・外部洗車・ワックス掛け・室内清掃・試運転など

目安価格

全車種調べた結果EPARK(クーポン利用時)より高額です(2024/5/5更新)

 

ホリデー車検

 

 

 

PR 楽天Car車検

ディーラーと同じ車検内容
郵便番号検索OK
目安価格

全車種調べた結果EPARK(クーポン利用時)より高額です(2024/5/5更新)

 

【楽天Car車検】予約&実施で最大2500ポイント! 郵便番号から検索・比較!

 

 

関連記事

 

車検を土日にできるところは !

 

車検費用を全額カード払いできるところは !

 

車検切れに対応してくれるところは !

 

中古車無料査定

 

約28万台買取のガリバー

 

新古車・未使用車の価格検索OK

 

ズバット車販売

 

自動車保険の見直しに

 

一番安い車保険比較!自動車任意保険見直し

 

駐車場予約⇒空港・スタジアム・観光スポット・駅近

 

全国検索OK!予約できる駐車場